中村修が語る〜健康コラム〜

5月 「夏バテ」

 5月に入り気温がグングン上がってきていますが、皆さんは体調を崩していないでしょうか?この時期に体調を崩してしまう方は、身体が気温の変化に適応できず、体温調節機能がしっかり働いてくれていないことが、原因のひとつと考えられます。このまま放置してしまうと、「だるさ」「熱っぽい」「食欲不振」「無気力」などの様々な症状が現れてきます。これがいわゆる夏バテの症状なんです。

 では、その他の夏バテの原因も確認していきましょう。

1.体温調節… 夏は冷房、冬は暖房でいつも快適に過ごしてしまうと、汗を出す汗腺が退化してしまい、体温を調節するための汗をかくことが出来なくなってしまう。
2.食事(栄養不足)…夏の暑い時期はさっぱりとしたものを好んで食べてしまい、栄養が偏ってしまうことがあります。
3.水分補給…暑いからといって、お茶やお水を大量に摂ってしまうと、体液が薄まってしまい、自発的脱水に陥ってしまう恐れがあります。汗をたくさんかいたときはスポーツドリンクやイオン飲料を摂るようにしましょう。
4.適度な運動…適度に身体を動かすことで、自律神経の働きを整えます。逆に身体を動かしていないと、発汗機能が衰えたり、食欲がなくなったり、水分もそれほど摂らなくなってしまいます。

 今年の夏は例年よりも気温が上がると言われています。しかし暑いからといって、空調の効いた室内で冷たい、甘い飲み物を摂りすぎてしまうと、夏バテにまっしぐらです。そして、近年では、夏バテによる夏痩せではなく、夏太りをしてしまう方も少なくないようです。当ジムで適度な運動をして自律神経の働きを整えていきましょう。

営業時間:

月曜日〜水曜日/金曜日
 9:00〜18:00
土曜日 9:00〜15:00

受付時間:

月曜日〜水曜日/金曜日
 9:00〜17:30
土曜日 9:00〜14:30

休業日:

日曜日・祝日・木曜日

医療法人同壬会:
    シニアジムP+

〒238-0006
横須賀市日の出町1−7

TEL 046-845-6103
FAX 046-845-6016