中村修が語る~健康コラム~

2020年10月 「ロコモティブシンドローム」

Withコロナの生活にも慣れてきて、感染予防をしながらも少しずつ生活活動量が増えてきたのではないでしょうか?そこで、まず実感することは「あれっ、こんなに疲れやすかったかな?」ということです。ずっと自粛をしていて買い物も近場で済ませたり、不要な外出は控えたりしていると、まず大きな足腰の筋肉が衰えてきてしまいます。

今回はロコモティブシンドローム(以下ロコモ)について再確認をしてみましょう。

ロコモはこの足腰の筋力が衰えて、運動器の機能障害により移動するための能力が不足したり、衰えたりした状態を言います。ロコモが進行すると、将来介護が必要になるリスクが高くなります。


要支援・要介護になった原因
※運動器の障害:骨折転倒・関節疾患・脊髄損傷の合計
厚生労働省2019年国民生活基礎調査の概況より改変
日本整形外科学会公式
ロコモティブシンドローム予防啓発公式サイトより抜粋


改めてグラフにしてみると筋肉というのは生活していくうえで、とても重要な器官なのだと再確認させられますね。筋肉は年齢に関係なく運動すれば強くなります。要介護にならないためにも、「ロコモ」何となく耳慣れた言葉になってきていますが、今一度、ご自身の生活活動量や運動習慣について見直してみてはいかがでしょうか?

健康運動指導士 中村 修




~ バックナンバー ~

運動についてのお悩みはぜひご相談ください。
健康運動指導士がアドバイスいたします。
完全予約制となっておりますので、下のボタンよりご予約ください。

 

営業時間:

月曜日~水曜日/金曜日
 9:00~18:00
土曜日 9:00~15:00

受付時間:

月曜日~水曜日/金曜日
 9:00~17:30
土曜日 9:00~14:30

休業日:

日曜日・祝日・木曜日

医療法人同壬会:
    シニアジムP+

〒238-0006
横須賀市日の出町1-7

TEL 046-845-6103
FAX 046-845-6016

湘南内科医院へは
↓こちら↓から


友だち追加